Welcome to my blog

Hello, I am an admin of this site.
I've been expecting you.
I'm so glad that I met you xoxo.

こどもの発達を考える衝動眼鏡の日常

内臓の変調とは

私たちの体の中には、五臓と呼ばれる内臓が内蔵されています。 心臓・肝臓・腎臓・脾臓・肺(臓)の5つです。 五臓六腑とは? 五臓六腑といわれるように、臓器と腑はそれぞれ対応している、いわゆるペアを組んでいます。 また、臓器同士の繋がりがあり、臓器同士の場所は離れていても相互に影響を与える存在です。 心臓の変調 心臓の役割と言えば、全身に血液を送るポンプ作用です。 ポンプで送りだす量が少な...

東洋医学からみた内臓の役割とは

東洋医学的に見た時、内臓は五臓六腑と表現されるように、肝臓・心臓・脾臓・肺(臓)・腎臓があります。 ちなみに六腑は胆、胃、膀胱、小腸、大腸、三焦(上・中・下)があります。 五臓と六腑はそれぞれ、対応しているペアの臓器があり、離れている臓器を活性化、または働きを抑える関係があります。...

内臓と感情の繋がり -概要編-

長らく東洋医学から離れておりました…。 今回は、『五臓六腑にしみわたる』なんて、昔の時代劇で出てくるような言葉の『五臓六腑』についてです。 西洋医学と東洋医学では、臓器としての捉え方には少し差があるようで、西洋医学では臓器は単純に臓器そのものを指します。しかし、東洋医学の臓器はその働きから生じる色々な現象も含めて臓器として捉えているそうなんです。 内臓器官 ・臓 ・腑 ・奇恒の腑 に...

津液と精の変調

引用 http://www.shinkai-kanpo.com/case/case_04/ 東洋医学シリーズに戻ってきました。 前回は、『気・血の不調・変調』がテーマでした。その続きになります。 津液・・・なんだっけ?? となってません? 自分も少し忘れているので、復習してみたいと思います。 津液 体の中にある液体の内、『血』以外の透明な液体です。 そうだそうだ、涙とか、よだれとかでした!...

気 血 津液 精 の不調

こんにちはまたまた、東洋医学シリーズです。今までは、ベースとなる『気』とは? 『体に必要な要素とは?』等などお話させていただきました。今回からは、そういった必要な要素が足りなくなると??といったところに踏み込んでいきたいと思います。体に必要な要素として、気 血 津液 精の4つが挙げられていました。これらがどこか滞ってしまったり不足してしまったら・・・体に不調が出るのは、イメージしやすいかと思います...