FC2ブログ

Welcome to my blog

Hello, I am an admin of this site.
I've been expecting you.
I'm so glad that I met you xoxo.

こどもの発達を考える衝動眼鏡の日常

側弯ってどう対応するの?

思春期の特に女の人に多い背骨が曲がってしまう側弯。 学校の健診の項目にもなっているほど、身近な言葉です。 脳性まひの方や、体の機能に左右差が大きい場合に起こってきます。 側弯とは? 「側弯症(そくわんしょう)」とは背骨が左右に弯曲した状態で、背骨自体のねじれを伴うことがあります。通常、小児期にみられる脊柱変形を指します。 左右の肩の高さの違い、肩甲骨の突出、腰の高さの非対称、胸郭(きょうかく)の...

車いすで床ずれ? 安定して座るための対応とは?

『床ずれ』、『褥創じょくそう』という言葉を聞いた事があるでしょうか? 私たちはどんな時でも絶えず、姿勢を変えています。 これは、寝ている時でも同じです。 しかし、自分で動けない方にとっては新たな問題が出てきてしまいます。 床ずれとは? 寝たきりの方は、自分で動く事が出来ず、体の同じ部位に常に圧がかかっている状態です。 圧がかかっていると皮膚への血流が阻害されてしまいます。 その状態が続く...

脳性麻痺児の食べるを支える為には?

食べる事は、食欲を満たすだけではなく味を楽しむ事やコミュニケーションをする事にも繋がり、様々な楽しみがあると言えます。 しかし、重症児や障害を持たれている子供の場合、食べる事が難しくこのような機会に恵まれない事も多々あります。 食べる、飲み込むを支えるためにはどのような事が必要なのでしょうか? 筋力の低下 首のすわりが行えている事が飲み込みを支える為に必要な事になります。 マヒが重いと首...

ボトックスで緊張が取れない?

ボトックスと聞くと、『美容整形』が思い浮かぶ方もいるのでは? 実は、リハビリとも密接な関係があります。 筋肉のこわばり 脳性麻痺による全身の筋肉のこわばりや、大人では脳卒中による筋肉のこわばりがあります。 脳が上手く筋肉をコントロール出来ないと筋肉は勝手に緊張してこわばってしまいます。 ボトックスの利用 このようなこわばりに対して、ボトックスを使う事が増えてきております。 ですが...

成人脳性麻痺者の生き方

最近、新年度を迎えての話が多くなっています。 成人になられた脳性麻痺の方は、4月から仕事をされる方も多いです。 学校卒業後は、就労施設や日中一時等、自分に合った色々な施設を利用する事になります。 さて、ベテランの方にもなると仕事に対してだけでなく自分に対しての理解もとても真摯(しんし)に見ているんだな。と感じたので話題にさせてもらいます。 物事の客観性 私たちが、仕事や学校で他人と接する...