Welcome to my blog

Hello, I am an admin of this site.
I've been expecting you.
I'm so glad that I met you xoxo.

こどもの発達を考える衝動眼鏡の日常

授業にビジョントレーニングを取り入れる?

『授業のスピードに追い付いていない。』 『音読をスゴイ嫌がる。』 『読み飛ばしが多い。』 『マスに文字が収まらない』 ところどころでこういった事に対して気になる事が増えてくるかもしれません。 このような事に対して、ここ数年、目の動きに問題があると言う事が言われてきております。 学校の授業前に、目の運動を取り入れている学校もある様です。 発達障害と目の動き 特に学習障害 LD という呼ばれる特...

失敗に敏感になりやすい発達障がいの子供への対応

『~だからやらない』 子供がこういった言葉を使う事って多くないですか? よく、自身が無い子供に多いという事が言われています。 誰でもうまくいかないと、自信を無くして距離を取りたくなってしまうものですよね。 特に発達障がいの子供ですと、このような事が起こりやすい傾向になります。 どうしてでしょう?? 周りとの摩擦 特に、発達障がいのお子さんでは、コミュニケーションの面で、周りとの摩擦が多く...

子供の疲れやすさが影響を与えるものとは?

少し前の甲子園の話ですが、地元の盛岡はベスト8で負けてしまいました。残念です。 私個人としては、智弁和歌山の『ジョックロック』を聞けてとても満足でした。笑 さて、甲子園にも出るほどの強豪ですと、練習量も半端では無いようです。 ウォーミングアップとして、50m×50本のダッシュなんてのもあるそうですね。 恐ろしい。 さてさて、現代の子供は、体力のなさ、運動スキルの低さが心配されているのはご存知で...

発達性協調運動障害にみられる症状とは?

どうしても、ペン、箸の持ち方が苦手。 走るのが練習しても遅い・・・ 不器用な子供という認識をされる事が多い『発達性協調運動障害』 俗に、DCDと言われています。 このブログでも、何回か登場してきています。 おそらく、うちの子も?と読んでいて気になっている方もいるかもしれません。 成長時期によって見られやすい特徴について新田先生がまとめていたのが見やすかったので紹介します。 乳幼児期 ミ...

子供が運動場面で友達とトラブルになりやすい事って?

梅雨に入ったそうですね。 今年は空梅雨に近い!とラジオで言っていました。 さて、子供にとっては外で遊ぶ場面が増えてきているのではないでしょうか? 今回は、発達に課題がある子供が運動の時にトラブルになりやすそうな場面について考えてみたいと思います。 ルールを勝手に変える 低学年では鬼ごっこ等のシンプルな遊びですが、少し学年が上がると球技の様にルールがある中で遊ぶ事が増えます。 中学年~高学...