FC2ブログ

Welcome to my blog

Hello, I am an admin of this site.
I've been expecting you.
I'm so glad that I met you xoxo.

こどもの発達を考える衝動眼鏡の日常

発達性協調運動障がい DCDはなぜ、運動が苦手なのか

不器用な子どもの中には、発達性協調運動障害(以下DCD)と呼ばれるタイプの特性を抱えている子供がいます。 今までもDCDについては何度か取り上げておりますが、どうも運動面の不器用さという面だけではないようです。 DCDって? 運動面の問題 低緊張 日頃から姿勢が崩れやすい子供も多く、筋肉の張りが少ない「低緊張」と呼ばれる状態であることが考えられます。 筋肉は、ハリのあるゴムだと考えて下さ...

発達障がい研修会開催 IN二戸

昨日、二戸にある発達支援センター「風」様からの依頼で、発達性協調運動障がいと運動発達の理解について研修を開きました。 不器用な子供がいっぱい 最近、よく聞かれるのが昔よりも体の使い方の不器用な子供が増えたという事です。 色々な方面の方々から言われる事が多いので、おそらくそうなんだと思います。 そのなかでも、最近の不器用の捉え方として「発達性協調運動障害」と呼ばれる概念として名前が広がってきてい...

大人の発達障がいの課題とは

発達障がいの話題で最近、義務教育や幼児期の話題から大学、就職といった話題が多くなり、成人期の対応も注目され始めています。 成人期では、仕事面もさることながら夫婦生活や子育て等、環境の変化も大きく悩みも多様、大きくなる事が懸念されています。 さて、どのような課題があるのでしょうか。 成人の発達障がい 成人の自閉症スペクトラム者は1000人中9.8人と報告されています。(Brugha,2011) 海外の報告...

親子が楽になる!? ペアレントトレーニング とは??

発達障がいを取り巻く話題の一つにペアレントトレーニング(ペアトレ)というものがあります。 発達特性を持っている子供の子育てでは、多動や衝動性、極端なこだわりなどを持っている子供が少なくありません。 育児の負担が大きく、子供に対して叱る事が増えてきます。子供側からすると 「また叱られた。」 「どうせ僕なんて」 と、精神的な落ち込みや、悪化してくると、二次的な障害への進むことも懸念されます。 ...

発達症の幼児期からの支援を難しくする原因とは

現在、自閉症スペクトラムやADHD、LDなどの発達障がいは発達症へと呼ばれ方が変わってきています。 さて、この発達症は幼児期には気づかれにくい事が言われています。 どの様な事が気づかれにくさに繋がっているのでしょう。 診断の難しさ 発達症の場合、脳画像や脳波では判断が付きません。 一般的には、行動チェックや知的検査等で、発達症の疑いが示されますが、確定に結び付く評価というものはまだ確立されていないと...