Welcome to my blog

Hello, I am an admin of this site.
I've been expecting you.
I'm so glad that I met you xoxo.

こどもの発達を考える衝動眼鏡の日常

相談支援従業者初任者研修 ~写真撮り忘れた~

来ましたー。昨年は、この研修自体を知らずに児童発達へ挑もうとしておりました。まぁ当然のごとく、受けられず消沈しきっていた石ケ森です。情報が回ってこない部署というのはきついもんです。今回は、相談支援者初任者研修の講習内容に触れてみます相談支援者初任者研修講義部門と演習部門に分かれているようです。ちなみに私が受けるのは、講義部門だけです。相談支援従業者研修の目的地域に住んでおられる障害者の意向をしっか...

脳の発達に必要な感覚って? ~やさしさに包まれて起こせムーブメント~

松任谷由美のような、浜ちゃんのようなサブタイトルから始まりました。さてさて感覚っていうと、いわゆる『五感』を思い出す方が多いのではないでしょうか?『視覚・聴覚・味覚・触覚・嗅覚』これですね。ただただ、感覚ってこの5つだけではありません!新生児では、毎分470万の神経細胞の分岐が脳内で作られていると考えられています。とんでもない数です。段々に役に立つ経路は神経の接続が強くなり、あまり役に立たなかった経...

歩く。を考える

生まれて泣いている状態から、段々に物に手を伸ばしたり、人に対して笑いかけてみたり寝返りしたり、ハイハイしたりしながら赤ちゃんは成長していきます。その中でも「歩く」というのは、大きな成長の証じゃないですか?障害によって歩けないとなればなおさらのことです。特に理学療法士の仕事は、障害を持たれた方や子供に対して歩く・立つといった運動の専門家。という認識がされています。そんな理学療法士をしている自分が『歩...

重症心身障害(重心)って?

重度の障がいは医療の進歩により増える傾向にあるということは、テレビなどのメディアでも言われること増えてきています。ただ、重度という言葉が先行して、なかなかどんな方々が重心なの?と内容が不明なことが多いです。少しだけ歴史的な流れも踏まえながら、重心の定義や分類などに触れてみたいと思います。重心児の歴史重症児の歴史において、特に名前を聞く機会が多いのが糸賀一雄氏小林提樹氏草野熊吉氏といった方々です。こ...

アクセスバーズ

今に至るまでの経験の中でため込んできた(詰め込まれてきた?)思考や感覚。そんな培ってきたはずの思考(偏見)や感覚が、自分がしたい行動を邪魔して自分を苦しめることになっていたら?それらが自分らしさを消してしまい人に合わせる事が優先されていることって感じること無いでしょうか? 目の前の事に向かわなきゃいけないのに、感情が先だって物事を邪魔してしまうイライラしてきて他人を批判してしまうこと、嫌な考えがグ...