Welcome to my blog

Hello, I am an admin of this site.
I've been expecting you.
I'm so glad that I met you xoxo.

こどもの発達を考える衝動眼鏡の日常

26
2016  22:28:05

アクセスバーズ


今に至るまでの経験の中でため込んできた(詰め込まれてきた?)思考や感覚。



そんな培ってきたはずの思考(偏見)や感覚が、自分がしたい行動を邪魔して自分を苦しめることになっていたら?



それらが自分らしさを消してしまい人に合わせる事が優先されていることって感じること無いでしょうか?
 






目の前の事に向かわなきゃいけないのに、感情が先だって物事を邪魔してしまう






イライラしてきて他人を批判してしまうこと、嫌な考えがグルグル回って集中できない。






こんなことって結構あるように思います・・・。







今の世の中って、情報化社会といわれて一つの事に関しても、いろんな人がいろんな意見を投げかけ、それを見聞きする機会がとても多くなりました。





例えば、リハビリの実習に来る学生に対して、結構聞かれるのが「考えるのでなく、調べることが優先されすぎてしまっている。」ということです。






限られた時間の中で、ある程度の結果を残すには他人の意見を拝借、参考しながら考えをまとめていくやり方が効率的ということでしょうか?






こんな風に生活していくと、『自分自身』が情報、環境に埋もれてしまいやすくなる気がします。






まして、ストレスが過大になりやすかったり、発達障がいのようにストレス耐性が低かったり、今の世の中では、余計に生きづらさを感じる人が増える傾向になるのは当然です。





どうにか楽にならないかな?ということで今回、紹介したいのが




最近、 「脳の断舎利」と呼ばれ話題になることが多くなってきた










『アクセスバーズ®』



アクセスバーズ







下手な商品紹介みたいになってしました。
プラクティショナーになりましたので紹介させてもらいます。


なんだそれは?



まずは、アクセスについての説明です。
アクセスはコンシャスネスを促す1つの道具です。




コンシャスネス?



自分や他人をジャッジせず、そのままを受け入れる力です。



どんなことやるの?



頭にある32か所のポイント。
これらのポイントには、これまでの人生(過去生 含)で思考、感情、思い込みなどが溜め込まれています。


これらを問いかけや実際のタッチによって解放しよう(断舎利)というものです。


最初にお話しさせてもらった、常識に捕らわれすぎた考えや他人からの情報などで、

自分らしさが埋もれてしまったものをこのアクスバーズっていう道具を使って、断捨離して自分らしく生きようじゃないか!

そんな感じです。



実際やってみた。



「視界がに見えます。」と言い出す人。

体が勝手に動きだす人。

おいおいおい・・・はっきり言って未知の世界!!!

自分も受けてみましたが、気持ちよさで寝てしまったり、

小さいころの嫌な出来事の記憶とその時の体の感覚が出てきたりと不思議な体験でした。



後日、職場で自分の意見を言いやすくなったり、人の目を見て話せたり。
人に合わせることばっかりから少し、自分自身を出せるように変化があったように感じました。


他の方でモニターした結果は、またの機会にお話しできればと思います。






まだまだ、始めたばかりですが、

面白い変化は確かにあります!




アクセスバーズと脳波の研究なども行われているそうです。

ストレス社会を生き抜く新しいツールになるかもしれません。

スポンサーリンク


こちらも読まれています

 アクセスバーズ

0 Comments

Leave a comment