Welcome to my blog

Hello, I am an admin of this site.
I've been expecting you.
I'm so glad that I met you xoxo.

こどもの発達を考える衝動眼鏡の日常

29
2016  20:36:22

内臓の変調とは

内臓の変調



私たちの体の中には、五臓と呼ばれる内臓が内蔵されています。
心臓・肝臓・腎臓・脾臓・肺(臓)の5つです。


五臓六腑とは?


五臓六腑といわれるように、臓器と腑はそれぞれ対応している、いわゆるペアを組んでいます。

また、臓器同士の繋がりがあり、臓器同士の場所は離れていても相互に影響を与える存在です。


心臓の変調


心臓の役割と言えば、全身に血液を送るポンプ作用です。
ポンプで送りだす量が少なくなると、どうやって補うでしょう?

そう、心臓をこまめに動かすことで補おうとします。鼓動の回数が増えます。

いわゆる『動悸』です。


その他にも、血液が回らないので、唇が青ざめる。発汗量が多い事が挙げられます。

ここまでは、西洋医学的な部分とほぼ変わりませんが、東洋医学では心と舌に繋がりがあると考えられており、味覚やろれつ、言葉の流暢さにも影響があると考えられています。

過剰に喜ぶ感情は、心臓を変調させると言われています。


肝臓の変調


肝臓の変調
Chrystian Guy 気がうまく巡る為には、疏泄(そせつ)作用が必要です。
この機能が、落ちてしまうと、血が滞りやすくなることや、痰が生じやすくなります。

また、皮下出血のように出血しやすい場合は、血をためておく力が弱まっている可能性もあります。

目との関係もあり、目の不調がある場合、肝臓からの不調がきているのかもしれません。

肝臓は精神活動とも関連があり、考えがまとまらない状態の時は、肝臓が変調している事が考えられます。

いつもイライラしやすい状態は、肝臓の変調に関わるとされています。


脾臓の変調


水穀の精微を作る運化と呼ばれる力が衰えると、
全身の不調に繋がり、咳や痰、目、鼻、耳への影響が出やすくなります。

また、統血と呼ばれる力が少なくなると、血が血管から漏れ出してしまいやすく、血尿、血便に繋がるとされています。


物事を考えすぎると脾に変調をきたしやすいとされています。


スポンサーリンク


肺の変調


肺が悪くなると言えば、咳や息がしづらいと言った呼吸機能への影響が挙げられます。
また、汗がかきづらい事や、津液の停滞も起こす為、むくみが出やすいといった症状が出る事もあります。

心臓との協調によって、気と血を循環させるので、相互に関係する臓器の関係になります。

感情としては、悲しみなどが肺の変調に関係します。


腎臓の変調


腎臓の変調
Syahmir


腎臓と言えばろ過装置の役割が有名です。肺との協調がうまくいかなくなると呼吸への影響が出やすくなります。

また、むくみが生じたりすることも有名で、足腰の疲れが出やすくなる事や、耳が遠くなる等、耳の変調にも関係してきます。

また、精神活動として忘れやすくなる事が挙げられます。
最近、忘れやすい人は、腎の活動が落ちている事が考えられます。

特に感情としては、恐怖。ビビりな人が関係している臓器になります。




最後に


東洋医学を通じて大事なところは、臓器同士のつながりや、他の部分の症状の繋がりではないかと考えています。

いわゆる不定愁訴と呼ばれるものですが、原因が分かりづらいものを考える上でとても参考になる考え方だなと思います。

スポンサーリンク


こちらも読まれています

 東洋医学

0 Comments

Leave a comment