Welcome to my blog

Hello, I am an admin of this site.
I've been expecting you.
I'm so glad that I met you xoxo.

こどもの発達を考える衝動眼鏡の日常

06
2016  20:19:52

生活力を育てる! SSTとは

S


お子さんを持たれると、ちゃんと1人前に育ってくれるか。といった悩みや心配は尽きないと思います。

人間関係で悩みを抱きやすい子供を持つ親の方は更に不安は強くなりますよね。

どんな関わり方があるのでしょうか。

SST


生活技能と言われるソーシャルスキル。
社会の中で生きていく上での力の事を言います。

社会の中って言われると漠然としてしまいますよね。
大きな割合を占めるものとして『対人関係』があります。

色々な人がいて、1つの方法で対応できないのは当たり前ですが、人間関係の基本となる土台を作る事はとても大切です。

こういった社会で生活していく力をつけていくものがSSTと言われるものになります。

人間関係の基礎

・集団参加
・友人との関係
・感情コントロール
・身辺整理
・自己表現

等があります。

指導方法

・教示
・モデリング
・リハーサル
・フィードバック
・般化、定着化

が基本的な方法として有ります。

教示


2


「人に会った時は挨拶をする」
「友達を泣かせたら謝る」
のように、言葉で教える方法です。


モデリング


実際の方法をやって見せる事です。
また、見本となる行動をしている友達を見習うように促す事もモデリングに含まれます。

リハーサル


実際に問題となる場面を作り、子供にやってもらう事を言います。
相手の立場を考える方法にも使えそうです。 例えば、授業中に手を上げずに自分の考えを話し続けてしまう子供に対して、先生役になってもらい、周りの人は生徒役。 好き勝手に話した時、相手はどういう風に困るかといった体験をしてもらい、手を上げて発言することの意味を知ってもらう。 と言った使い方もよさそうです。

スポンサーリンク


フィードバック


実際の行動に対しての対応です。
褒める事、直す所、色々とあると思います。

怒鳴る、叱る方法で行動を直そうとすると、失敗に敏感な子供はパニックや自尊心を無くしてしまいます。


具体的に褒める事、直すところも具体的に伝えてあげる事が必要ですね。

般化・定着化


今までの行動を実際の生活場面に取り入れて行っていく事です。
限られた環境でしか行わないのではもったいないですよね。

こういった考え方は、色々な言われ方をしています。
例えば、トランスファーパッケージ。

脳性まひの子供や大人のリハビリで歩く練習をしたけど、実生活では車椅子。
ギャップがありますよね。

生活の中で、少しでも歩く場面を設ける事です。





さいごに


T


これらの流れって、

・どんな行動が良いのかを教える事
・実際にやってもらう事
・行動を見直す事
・生活の中で行っていく事

普通に子供に教える流れと変わらないですよね。

言葉にすると難しいですが、この流れの中で、小集団をベースに行えるようにしていくことで、『経験を共有』していく事、他の人の理解や言われて気づく『自己理解』と言った人間関係の基礎にしていく事なのではないでしょうか。

スポンサーリンク


こちらも読まれています

 発達障がい

0 Comments

Leave a comment