Welcome to my blog

Hello, I am an admin of this site.
I've been expecting you.
I'm so glad that I met you xoxo.

こどもの発達を考える衝動眼鏡の日常

26
2016  20:14:49

重症児の呼吸リハビリの目的とは?

重心 呼吸リハ


今からの時期、インフルエンザの流行が懸念されます。
重症児にとっては、感染はとても大きな問題です。

また、感染だけでなく日頃から重症児の呼吸機能に関する問題は大きな割合を占めます。

今回は、重症児の呼吸について触れてみます。

呼吸リハビリテーションという言葉を聞いたことがありますか?


『呼吸器疾患患者や家族に対して地域生活における個人の自立と活動レベルを出来る限り高め、それを維持する事を目標に、通常は学際的専門家チームにより提供される、多面的かつ継続的なサービス』(NIH,1994)


呼吸に問題を抱えた人が、その問題によって自立した生活や人生の質(QOL)が障害されないように、専門家チームが関わって、生活を保っていこうよ!と言ったところですね。

一般的には、COPDと言われる疾患にかかっている人等が当てはまるように聞こえます。


重症児の呼吸について


呼吸リハの目的


変形の問題で、空気の通り道の気道が狭かったり、体のねじれによって肺が広がりづらいといった問題も大きいですが、それだけではありません。

栄養状態や投薬状況、運動に対する心肺機能の耐久性が低いと言った色々な要素が呼吸には影響してきます。

いつもフルパワーで呼吸をしなければいけない状態だとすると、感染は大きな負荷になります。

どうにか保っていた呼吸機能は、感染による大きな負荷がかかると余力が残されていないので、一気に呼吸機能の低下へとつながってしまいます。

村山・金子によると、呼吸機能が低下してしまうと悪くなった原因が改善しても感染前の呼吸機能には戻りづらいとしています。

タバコが発症原因と言われるCOPDでも、同じように感染などで、悪化してしまうと感染が治っても呼吸機能は元のレベルに戻らない状態と似ているなと感じます。

これは、呼吸器全般に言える状態なのかもしれません。

スポンサーリンク

重症児の呼吸リハの目標


気道確保

酸素の通り道となる気道が開いた状態にする事です。

胸郭可動性確保

 胸郭は『胸周り』と思って下さい。変形などがあると肺が広がりづらくなります。
 胸周りの筋肉や肋骨を動きやすくする事です。

無気肺の予防

肺の奥には『肺胞』と呼ばれる袋があります。血管に酸素を送り二酸化炭素を受け取る役割の袋です。

この袋まで空気が入らない状態を無気肺と言います。  

吸筋疲労の予防

息が吸いづらいと呼吸する為の筋肉が頑張りすぎてしまいます。筋肉を使いすぎると、動けなくなりますよね。

エコな活動が呼吸にも必要です。

排痰

痰がうまく出せないと、肺炎等の重い症状に繋がってしまいます。
痰を柔らかくして、咳の様に勢いよく息を吐く手伝いや、吸引によって痰を吸い取る作業が必要になります。

引用 村山恵子,金子断行,障害児者の摂食・嚥下・呼吸リハビリテーション,263-00416,

さいごに


重症児者は、一口に障害といっても、幅が広く、障害の種類も様々です。
一人一人に合わせられる力を付ける為にも、常にアップデートしていく必要があります。

日々勉強ですね。はい。

スポンサーリンク


こちらも読まれています

 重症心身障害

0 Comments

Leave a comment