Welcome to my blog

Hello, I am an admin of this site.
I've been expecting you.
I'm so glad that I met you xoxo.

こどもの発達を考える衝動眼鏡の日常

27
2016  20:57:25

子供教育の話題 アクティブラーニングって?

アクティブラーニング


学校との間には、まだまだと言っていいほど壁があります。
子供を前にした時、情報共有が出来ているかと言われると…

いずれは、協働しながらと言う流れは必然的になるとは思います。

現状でも、行動派の先生は壁を感じずに見学に来てくれたり、学校の様子を伝えてくれたりする先生もいらっしゃいます。

そういう先生の共通点は、保護者からの信頼も抜群に高い。



話がそれました。相手と仕事をするには相手の視点、働き方と言うのを少しでも知っておく事が必要になります。

なのでたまーに、教育関連の本にもちらちらと目を通すようにしています。

その中で、よく目にする言葉があるんです。


『アクティブラーニング』


これってなんでしょう?

アクティブラーニング??


『主体的に学ぶ』と言うのが日本語訳になりますね。

アクティブラーニングとは、教員が一方的に講義を行うという授業スタイルではなく、あくまでも学生が確実に知識を学びとるための方法に主眼を置いた授業形態を指します。

 アメリカ(National Training Laboratories)の調べによると、授業から得た内容を覚えているかを半年後に調べたところ、定着率の高い学習方法を定着率の高い順に並べると、「他の人に教える」、「自ら体験する」、「グループ討論」の順になりました。

一方、最も定着率の低い学習方法は、ただ黙って講義を聞くという結果でした。

つまり能動的に授業に参加し、行動を伴いながら学ぶことが学習定着率向上につながるのです。

引用 産業能率大学


というように、教師が話して生徒がノートをとって…という一方的な方式では無く、学習内容の定着には


『自分からアクションを起こす』

事が必要と言う事になりますね。

学びの質


勉強や学習はこどもだけが行うものでは無く、大人も然りですね。
では、学びの質ってどうすれば向上するのでしょう??

スポンサーリンク


主体性をもつ

学びの質


ファッションに興味があれば、それについて深く知ろうとします。
好きだから、気になるから知りたい。となりますよね。

なぜ、勉強するのか。スタートであるこの部分の気持ちや意欲がちぐはぐになると、

『なんで勉強しなきゃいけないの?』

になってしまいます。

服が好きで、作るとなれば採寸が必要です。
ここで、算数の知識が必要になります。

1つの物事を深めていくとどうしても、他の知識も必要になりますよね。

対話

1つの事を学んで、結果が一緒だとしてもそれに至る過程は人それぞれ違う事が多々あります。
1つの方法では解決できない事の方が、社会では多々ありますよね。

他の人はどんな方法、考え方でやってるの?という対話が必要になりますね。


実践

知っててもいざやってみると…

『なんで?』

とギャップがあります。


自分の予想と違うと、その原因を知りたくなります。
知る為には更に学んで実行する事が必要になりますね。


さいごに


好奇心を育てられる人間は、主体的に学ぶ事を体験させるのが上手いとも言えるのかな?と思います。

好奇心にあふれている特に、ADHDの子供は、もしかしたらこの才能をもっているのかもしれないなぁ。と、ふと感じました。

スポンサーリンク


こちらも読まれています

 支援学校

0 Comments

Leave a comment