Welcome to my blog

Hello, I am an admin of this site.
I've been expecting you.
I'm so glad that I met you xoxo.

こどもの発達を考える衝動眼鏡の日常

13
2016  21:00:55

感覚と運動の発達 循環反応って?

どうも石ケ森友佑です!

今回から何回かに分けて、自分のお子様の発達に対して考える時に、参考になりそうな人たちを紹介します。
1番最初の挨拶記事でもちょっと名前が出てきた人たちです。

ピアジェ、ルリア、ゲゼル、エリクソンなんて名前の人たちですね。

その中で今回はピアジェという人物の考えについて、自分の頭の及ぶ範囲で触れてみたいと思います。


ピアジェ(Piaget)


ピアジェ2
引用 http://www.yoheikato-integraldevelopment.com

発達段階説、認知発達論を考えたことで有名なんです。

発達理論??そんな難しい堅苦しい言い方だと、とっつきにくいですね。

言ってしまえば、発達の仕方とか順序を考えた人ってことですね。

大まかな発達の順序だったり流れが分かっているだけでも、今自分の子はこの段階くらいかしら?なんて、育児の分からない不安、焦りから興味といったプラスの感情、思考に少しでも変わるネタになればと思います。

発達段階の段階ってなんだろう??



1.感覚運動期(1~6期)

2.前操作期(前概念的思考期/直観的思考期)

3.操作期(具体的操作段階/形式的捜操作段階)

何やら難しい単語、漢字が並び始めますね。
なるべく簡単にまとめていきます。

1つ目の感覚運動期は、全部で6つに分けられます。

スポンサーリンク



1期(出生~2カ月)


胎内の無重力から重力のある世界へ出てきたことで重力の影響で自分の体をうまく使うことができません。  
カラダガオモイ・・・Σ(´Д`*)。

その為、「原始反射」と呼ばれるある程度決まった動きを使って重力の世界に慣れていきます。

そうそう、『原始反射』を勉強されている親御さんもいらっしゃってびっくりしました。

【これは~反射というものですかね?( -`д-´)キリッ ええそうだと思いますよ(;´・ω・)キリッ】

脱線しました。元の路線に戻ります。


2期(1~4カ月程度)


運動、感覚機能を高めながら体を自分の動かしたいように使っていく練習をしていく時期です。まずは土台作りですね。
寝返りだったり、両手を合わせたり、口に足を運ぶような動き等の自身の動きで遊ぶ時期を

第1次循環反応と呼びます。

『循環反応』。呼び方がかっこいいと思うのは自分だけでしょうか?ドクターと話をする時、かっこいいので無駄に使うときがあります。

第3期(4~8カ月)


ガラガラのおもちゃ等を持って遊ぶ時期です。
物を見ながら手をよく使う時期になりますので、手の動きと目の動きを協調させることにつながります。

また、色々な物を使うことで、物の特性の理解も徐々に始まってきます。
ガラガラを振れば音が鳴る。歯ブラシを振っても音が鳴らない。とかとか…
おもちゃでも動かしたときに音と結びつくと楽しそうです。

ちなみに物を使って変化を起こす段階で

第2次循環反応
と呼びます。



このように、生まれて4か月までの中で体をいっぱい動かすこと(第1次循環反応)によって、体を自由に使うことを覚えます。
そして、物にをつかんだりすることを繰り返して(第2次循環反応)認識力を高めることが成長には欠かせません。

スポンサーリンク


こちらも読まれています

 発達の考え方

0 Comments

Leave a comment