Welcome to my blog

Hello, I am an admin of this site.
I've been expecting you.
I'm so glad that I met you xoxo.

こどもの発達を考える衝動眼鏡の日常

03
2017  16:00:09

姿勢を良く保つために必要な筋肉とは?

姿勢が悪い?


『うちの子、姿勢が悪いのよねー』
『テレビを見ている時の姿勢が気になるのよねー』
『食べる時に姿勢が崩れちゃうのよねー』


色々な場面で、子供の姿勢について気になる事って多いと思います。

姿勢を保つために必要な筋肉ってどういう筋肉でしょう?

インナーマッスル?


最近のテレビでもたびたび耳にする

『インナーマッスル』

実際には、インナーマッスルと言う筋肉は無いんですね。
あくまで、体の奥にある筋肉と言うイメージです。

こういった奥にある筋肉は背骨を支えるための筋肉が多いです。
ざっくり言ってしまえば、姿勢を保つ筋肉と言い変える事が出来ますね。

アウターマッスル?


ボディービルダーのように筋肉が発達している人たちを想像してみて下さい。
例えば、『力こぶ』や『腹筋』…

体の表面に近い筋肉を鍛えると、見た目にも分かりやすい

『THE筋肉』

となる訳です。


このような表面の筋肉は、手足を動かす時に使われる筋肉である事が多いので、姿勢よりも運動の時に必要!と言う事になります。

スポンサーリンク

インナー×アウター


私たちの生活では、姿勢を保ちながら動いていく事が必要になりますよね。

懐かしいですが、『コア』と呼ばれるお腹周りの筋肉が大切と言われています。

インナーマッスル

引用 http://yoga.kenkou-biyou.net/2006/01/post_311.html
この筋肉を働かせながら動作を行う事が大切になる訳ですねー。

アウターだけでは…

表面の筋肉(アウター)だけでは、関節や全身のバランスが崩れてしまい、長期的にはけが等に繋がる恐れがあると考えられています。

効率よく動くためには土台の姿勢、インナーを使う事が必要です。

さいごに


インナーを使うためには呼吸が大切で、動きと呼吸の関係が見直されてきています。
さぁ、子供にどう応用していくか。

ここが、課題です。

スポンサーリンク


こちらも読まれています

 発達障がい

0 Comments

Leave a comment