Welcome to my blog

Hello, I am an admin of this site.
I've been expecting you.
I'm so glad that I met you xoxo.

こどもの発達を考える衝動眼鏡の日常

24
2016  18:46:26

小岩井でGO!

こんにちは



この2つ日間は日差しが、ものすごいきついですね。

前回の地元でGO!のおかげで、日焼けの跡が痛みます。

地元でGO!はこちら






今回は      IN 小岩井です。







もちろん一人で行くことはなかなかありません。







子供に運動をさせたいと日頃からいってらっしゃる親御さん達と、仲良くしてくれてる後輩で小岩井に来ました。







せっかくなので、ポケモンGO!をやるとポケモンがいるいる。笑


子供たちとスマホの取り合いになったのでやめました。笑




ここまで来てスマホってどうなの?的な目線が刺さるわけです。









話は変わって



最近は低学年でも組体操のようなことしてるんですね。




*顔出しオッケーとのことなのでそのまま載せさせてもらいました。







せっかくですので、こういった四つん這いの時、肘がどれくらい伸びているか注目してみてください。

過伸展と言われるくらい、肘がまっすぐな状態よりも伸びきっている場合があります。




過伸展?


引用 http://www.girls-bb.com/index.php?FrontPage




こういった、肘が過伸展してしまっている子供は、腕や手で支えることが苦手なことが多いです。

なので、組体操の下の段では役としてはかわいそうかもしれません。





あとは、跳び箱などの競技ですね。

ケガにもつながりやすいので、肘が過伸展してしまっていたら、注意が必要かもしれません。






よく部活でやった、手押し車なんかものすごい苦手かもしれません。



活動の中で、取り入れてみるのもいいと思いますよ。 (=゚ω゚)ノ














二段ベッドという技なそうです。



初めて見ました。



こういった技の時、上になる子供は、


『腕で支える力』
『伸びた姿勢を保つ力』が求められます。



腹筋を中心に、首回り、太ももといった下側になっている筋肉を同時に働かせないと、重力に負けてしまいます。




もし、こういった姿勢が難しかったら、下側の役のほうが地面に背中をつけてられるので、楽になります。





あとは、実際に真似させてみる過程が必要です。



言葉で云々は、やっぱりイメージしずらいので、脳も命令が出しづらくなってしまいます。











この場所ですが、中に終業などを知らせるための鐘が入っています。





子供にしたら、お参り状態です。笑



こういった、イマジネーションは忘れずに持っておきたいなと改めて思いました。



では!


スポンサーリンク


こちらも読まれています

 GO!

0 Comments

Leave a comment