Welcome to my blog

Hello, I am an admin of this site.
I've been expecting you.
I'm so glad that I met you xoxo.

こどもの発達を考える衝動眼鏡の日常

28
2016  21:06:04

医大へGO!



さて、どこでしょう??

南部鉄器 ここはどこ?








THE 南部鉄器




これで、沸かすと鉄分もとれる。と評判の一品です。








そう、ここは


ベルのパケットディッシュ?でーす




ベルでございます。






びっくりどんきー発祥の地!!!!







ちなみにこのメニューは、パケットディッシュ?だったような違うような・・・





何も食レポと言うわけではありません。









今日は、岩手医大で勉強でした。

その名も



『小児・成人脳性麻痺研究会』

講習会のプログラム






会場に入ると、岩手小児界の重鎮ばかり・・・





県外からも、有名な医師の方々・・・。










それもそのはずです。
講師の先生方もアメリカコロンビア大学からのDr、PTといった超有名所の先生方です。












さぁ始まりました!





・・・



・・・



・・・





全部英語!!!!!!!!!!!!!!!!!








資料は日本語なので助かります。

講習会の資料達









最初の講義は、各手術治療についての説明、そしてQOL(quality of life 生活の質、人生の質)向上に繋がることを常に意識してのお話しでした。



特に

・バクロフェン髄腔内投与(ITB)

・深部脳刺激療法(DSB)

・選択的脊髄神経後根遮断術(SDR)









正直、本でしか見たことありません。










なかなか岩手で使っているお話は聞いたことがありません・・・。


今後、岩手でもそのような選択肢が増えてくるのでしょうか??






それぞれまとめて、後日書きたいと思います。



書けるかな・・・
















次の講義は、『ボトックス』


こちらは、施設でも行っています。




やはり、神経筋接合部の断定が必要不可欠です。

超音波等で、断定することが世界的にも増えてきているようです。




ちなみに神経筋移行部は神経が筋肉に入り込むポイントです。

神経筋移行部 モーターポイント
引用 http://www.kanda-zatsugaku.com/101126/1126.html





これ、ボツリヌス菌の特性を利用しているんです。

毒の強さは、有名なフグ毒、テトロドトキシンの10万倍ともいわれています。

簡単に特徴を説明すると、神経から筋肉への命令を途切れさせるので、力が抜けた状態になります。

脳性麻痺や成人の脳卒中片麻痺による足が突っ張った『痙縮』と呼ばれる状態の筋に対して使用されます。





特に、成長期の筋肉が固まってしまうと骨の成長とのバランスが取れなくなり、変形が生じ始めます。

それだけでなく、こわばった(痙縮)筋肉は、機能、構造的にも脆弱になってしまいます。




弱くなるポイントとしては
・最大の力を発生させる活動電位まで到達できない。
・協調運動の障害
・筋繊維の変化
が挙げられていました。



特に、筋繊維では、筋繊維内に、脂肪組織や結合組織が蓄積されることが示されていました。





ただ、個人的には痙縮筋だけの問題でなく、骨盤帯機能不全例でもそうですが、多裂筋の萎縮時にも脂肪組織の蓄積は認められます。
筋ジストロフィーの例も踏まえると、筋組織の萎縮や破綻による脂肪組織の蓄積という捉え方の方がいいのかな?と思ってます。


ちょっと話が複雑になってしまいました。






とりあえず、自分が関わるところはボトックスの触診の際に、『ここにお願いします』なんて事を、ドクターに言っているいる時があります。







恐れ多い!!!!!笑





成人ですと余計に、筋が線維化していたり、変形によって筋肉の位置がわからなかったりすることが多々多々あります。


ボトックス後のリハビリだけでなく、注射の時にも関わらせてもらっているので、神経筋接合部の位置なども詳しく見直さないとなぁ。と思い返した1日でした。




ちょっとまとめなきゃいけない内容が多すぎるので、この辺で・・・。

では!



スポンサーリンク


こちらも読まれています

 GO!

0 Comments

Leave a comment