Welcome to my blog

Hello, I am an admin of this site.
I've been expecting you.
I'm so glad that I met you xoxo.

こどもの発達を考える衝動眼鏡の日常

手を器用に使えないのはなぜ?

ハサミ、鉛筆や箸。 人が生活をする中で、手を使う動きは欠かせません。 子供の場合、授業では定規やコンパス、遊びともなると、最近では減ってしまったかもしれませんが、折り紙といった活動でも手を使う事は多々あります。 不器用と呼ばれる子供の場合、このような活動が苦手でやりたがらず、走り回っている事が多いのではないでしょうか? このような不器用さの裏には何が隠れているのでしょうか? 動きを分け...

板書、ノートの取り方の力をつけるには?

宿題で、子供のノートを見る事が、少なくても1日1回はあるのではないでしょうか? 「授業のスピードについていけてるの?」 「字が雑すぎる」 色々な悩みが出てくる事と思います。 高学年になるにつれて授業のスピードや内容も難しくなります。 ノートを取る事に慣れていないと、余計に授業についていく事が難しくなりますよね。 どのような事に気をつければいいのでしょうか 書くスピードを高める まずは、授業...

重症児の姿勢に必要な視点とは?

近年の障害を持った子供の割合として増加しているのが、ADHDや自閉症スペクトラム等の発達障害が挙げられます。 もうひとつは、重度心身障害児の子供と言われています。 周産期医療の発達によって、以前は救えなかった命が救えるようになったことが、重い障害を持つという背景と考えられています。 このような重度の子供の場合、普段とる姿勢もあおむけであることが多いです。 どのような姿勢をとる事が大切なのでし...

ワーキングメモリーが低い子供の4つの特徴とは

発達障害という言葉が有名になり、ネットでもよく見る言葉になるほど、浸透してきているように感じます。 同じく、発達障害の特徴として覚えることに苦手さを抱える子供も少なく無い為か、それに関連するワーキングメモリーという言葉もセットで見る事が多いように感じます。 さて、実際のところワーキングメモリーが低いと、どのような特徴があるのか見てみましょう 指示を忘れやすい 『では、○○君は、~をして下さ...

介護者も注意!? サルコペニアって?

介護の仕事現場だけでなく、在宅での介護もそうですが人を移乗する時には、とても力が要ります。 リフトを導入しようとしても、家の構造上の問題で導入できなかったりする事も… 若いうちは、踏ん張って出来ても徐々に年をとるとそうはいきません。 介護者側の体にも気を配る必要があります。 筋肉が減少するサルコペニア 進行性および全身性の骨格筋量および骨格筋力の低下を特徴とする症候群である。筋肉量の低下...