FC2ブログ

Welcome to my blog

Hello, I am an admin of this site.
I've been expecting you.
I'm so glad that I met you xoxo.

こどもの発達を考える衝動眼鏡の日常

宮古 支援学校2018開幕

支援学校の外部講師が今年も始まりました。 1年経過すると、現在の状況を確認するだけではなく見方を変える必要があります。 学年を考慮 支援学校では、小学部・中学部・高等部と3つに分かれています。 一般教育課程では、それぞれ小学校や中学校といったように環境が独立している事が多いです。 支援学校においては、学部ごとに階は違っても建物が一緒ですと、学年が上がった事を意識しずらくなってしまいます。学年が上...

親子が楽になる!? ペアレントトレーニング とは??

発達障がいを取り巻く話題の一つにペアレントトレーニング(ペアトレ)というものがあります。 発達特性を持っている子供の子育てでは、多動や衝動性、極端なこだわりなどを持っている子供が少なくありません。 育児の負担が大きく、子供に対して叱る事が増えてきます。子供側からすると 「また叱られた。」 「どうせ僕なんて」 と、精神的な落ち込みや、悪化してくると、二次的な障害への進むことも懸念されます。 ...

発達症の幼児期からの支援を難しくする原因とは

現在、自閉症スペクトラムやADHD、LDなどの発達障がいは発達症へと呼ばれ方が変わってきています。 さて、この発達症は幼児期には気づかれにくい事が言われています。 どの様な事が気づかれにくさに繋がっているのでしょう。 診断の難しさ 発達症の場合、脳画像や脳波では判断が付きません。 一般的には、行動チェックや知的検査等で、発達症の疑いが示されますが、確定に結び付く評価というものはまだ確立されていないと...

書く事が遅い子への対応とは?

授業に追い付いていくことが難しい子供。 クラスに何人かはいます。 遅れている原因は様々ですが、その一つにノートに書く事が遅く、授業についていく事が難しい子供がいます。 どのような支援、方法があるのでしょうか。 きれいさを求めすぎない 字の一つ一つ丁寧に書くことはとても大切なことです。 しかし、丁寧に書くことを優先しすぎると、授業の内容を理解するよりも字をきれいに書く事が優先されてしまい、...

自分の子供はどのタイプ? 認知特性を把握しよう

私たちが、勉強を理解していく中でどのような感覚を使っているかご存知でしょうか? 「目で見て」 「耳で聞いて」 というように五感を使って覚えるという事が言われるように、特に視覚情報や聴覚情報が主に理解していくことに必要です。 本田先生が監修されている認知特性テストを基に自分のお子さんがどのような感覚に得意不得意があるのか、見ていきましょう。 ルール それぞれのテスト項目のチェックの数を合...