Welcome to my blog

Hello, I am an admin of this site.
I've been expecting you.
I'm so glad that I met you xoxo.

こどもの発達を考える衝動眼鏡の日常

自分の子供はどのタイプ? 認知特性を把握しよう

私たちが、勉強を理解していく中でどのような感覚を使っているかご存知でしょうか? 「目で見て」 「耳で聞いて」 というように五感を使って覚えるという事が言われるように、特に視覚情報や聴覚情報が主に理解していくことに必要です。 本田先生が監修されている認知特性テストを基に自分のお子さんがどのような感覚に得意不得意があるのか、見ていきましょう。 ルール それぞれのテスト項目のチェックの数を合...

発達障害がいの就労を支えるために必要な3つの支援とは

どこかの基調講演みたいなタイトルになってしまいました。 今、発達障がい児を取り巻く環境で、話題の一つに『就労』が挙げられています。 ここ数年で、高校や大学卒業を経て社会人になる発達特性を抱えた子供が増えてきている事が話題の根底にあります。 さて、今就労をめぐるサポートで必要な視点とはどういった事が挙げられているのでしょうか。 ジョブマッチング マッチングを行う際には、その職業の仕事を実...

成長に必要な子供に身につけてもらいたい3つの力とは?

子供の成長には色々な力を身に付けていくことが必要です。 子供の成長を支える上で、子供に身に付けてもらいたい力とは何でしょう。 自己肯定感 「やってみたい」 「自分でも出来るかも」 自分に対して自信を持てる子供は、失敗に対する恐怖心よりも好奇心が勝っています。 好奇心がある子供と恐怖心や不安感が強い子供では、同じ事をした時の結果や、受け止め方にも大きな違いが出てきます。 そして、子供と関わ...

子供の『あきらめない力』を伸ばすのに大切な3つのこととは

子供は失敗を恐れず、興味があるものに果敢に取り組むイメージがあるのではないでしょうか。 しかし、子供全員がそうかというとそうではありません。 やってみても、すぐに 『難しいからできない』 『どうせ出来ない』 という言葉が聞かれる子供も少なくありません。 あきらめない力はどうやって伸びるのでしょうか。 スモールステップ 例えば縄跳びの練習の中で、上手く跳ぶ為には、何回も練習をする事は大...

側弯ってどう対応するの?

思春期の特に女の人に多い背骨が曲がってしまう側弯。 学校の健診の項目にもなっているほど、身近な言葉です。 脳性まひの方や、体の機能に左右差が大きい場合に起こってきます。 側弯とは? 「側弯症(そくわんしょう)」とは背骨が左右に弯曲した状態で、背骨自体のねじれを伴うことがあります。通常、小児期にみられる脊柱変形を指します。 左右の肩の高さの違い、肩甲骨の突出、腰の高さの非対称、胸郭(きょうかく)の...